高岡銅器
寿老人の置物
木彫風寿老人
作家
般若純一郎(原型・物故)
作者詳細
米治一氏に師事し彫塑技術を修得。
昭和40年 高岡市展 市長賞高嶺賞受賞
他県展・市展10回入選 日展初入選 以後数回入選
<代表作>
武蔵小杉駅前噴水(東京)
千葉城鯱(千葉)
金森法印長近公像(高山市)
大日蓮聖人像(佐渡)
他多数
材質
銅製
寸法
幅25×奥行20×高56cm
七福神
について
[恵比須]
商業・漁業・海上の守護神、福利を招来する神。

[大黒]
福徳の神として民間に信仰される。

[布袋]
弥勒(みろく)の化身として尊ばれる。十八羅漢の一人。

[寿老人]
長寿を授ける神。福禄寿と同体異名の神といわれる。

[毘沙門天]
仏法の守護神、北方を守る。多聞天。四天王の一人。

[福禄寿]
幸福と俸給の神。福・禄・寿の三徳をそなえている。

[弁財天]
音楽・弁舌・福徳・知恵などを与える財福の神。
高岡銅器の
和風置物
長い年月を経て受け継がれた造形美には確かな風格が息づいています。高岡銅器の豊かな表現力が、招福の縁起物や魔除けの守護神、そしてインテリア置物にと伝統の魅力を暮らしの中に伝えます。
高岡銅器とは
芸術と文化を凝縮した美術工芸品「高岡銅器」。名匠の情熱によって吹き込まれた魂と、特有の風合い。四世紀という歴史と伝統に培われた用と美の味わいは、懐古を超え、現代の様々な生活シーンを演出します。

What’s New